最も高くクロムハーツを買取ってくれる店を探せ!
HOME » クロムハーツを売る際に気を付けたいポイント » あなたのブランド品は大丈夫?査定で買取不可になるブランド品

あなたのブランド品は大丈夫?査定で買取不可になるブランド品

近年、中古品の売買に興味を持つ人が非常に増えてきました。

同時に、買取業者にブランド品を買い取ってもらいたい、という利用客もまた増えてきています。

しかし、せっかく買い取ってもらおうと思っていたのに、買取不可になってしまうケースも…。

ブランド品は、どのような時に買取不可になってしまうのでしょうか。

 

商標権を違反しているもの

フリマアプリやオークション、買取業者などは様々な商品を買い取っています。そこで増えてきているのがコピー品です。 本物のブランド品を非常に細かい部分まで模倣しているコピー品が数多く出回っています。 しかし、商標権を違反しているコピー品は買い取ってもらうことはできません。

製造番号や正しい刻印の位置など、ブランド品を十分に理解しているプロが査定をしますので、コピー品の可能性が高いと判断されてしまった場合には、買い取ってもらうことはまず不可能です。

ギャランティーカードのないもの

ブランド品を買取してもらう時には、ギャランティーカードを忘れてはなりません。ギャランティーカードとは、一種の保証書のことです。これがあると、買取における正確性をより高めることができます。 ギャランティーカードはその商品が本物であるという証明になるので、買い取ったものを再び販売するときに買い手がつきやすくなります。そのため、買取業者にとっても重要なアイテムなのです。またギャランティーカードがないと、仮に買い取ってもらえたとしても買取価格が下がってしまうことも十分に考えられます。

買取に出す時のことを考えて、購入をした時に入っていたものはすべて大切に保管しておきましょう。

リユースできない可能性のあるもの

リユースできない可能性のあるものは、ブランド品を専門に扱っている業者ではなく、一般的な古着屋などであればある程度買い取ってもらうことができるでしょう。しかし、ブランド品の買取業者は間違いなくプランド品である、というものでなければ買い取ってくれないことも多いです。ほんの少しでもコピー品の疑いのあるものは、買い取った場合にリユースすることができないので買い取ろうとはしません。

においやペットの毛が付着しているもの

洋服であれば洗濯することはできますが、バックや財布といった洗浄が難しいものの場合、あまりにも強い香水のにおいやタバコのにおい、ペットのにおいが付着しているものは買取不可となってしまいます。特に女性は、香水が非常に強いにおいを発している場合がありますので、いつか売却をしようと思っているのであれば注意しなければなりません。

あまりにも多く流通しているもの

誰でも購入できるようなレベルのブランド品は流通量が多く、買取に出されている品もまた相当な数になります。 買取業者も、そのようなブランド品を在庫として抱えきれないほど持っている可能性があるのです。 このような、誰でも購入できるような流通量の多いアイテムは買取不可となることが少なくありません。

あまりにもマニアックすぎるブランド品

ごく一部の人しか知らないブランドや、仮に高級なものだとしても買い取ったところで需要が少ないブランド品は買取不可となってしまう場合があります。ただし、ブランド品を専門に扱っている買取業者ではなく、古着屋などであれば幅広い商品を取り扱っているので、買い取ってもらえることもあります。

まずは買取業者に査定してもらおう

買取不可になるブランド品の主な例を挙げましたが、実際に査定に出さなければ正確な価値はわからないこともまた事実です。

まずは複数の買取業者に査定依頼を出してみましょう。

 

最も高くクロムハーツを買取ってくれる店を探せ!