最も高くクロムハーツを買取ってくれる店を探せ!
HOME » クロムハーツを売る際に気を付けたいポイント » クロムハーツのNEWブランドLONE ONESで高額査定商品を紹介

クロムハーツのNEWブランドLONE ONESで高額査定商品を紹介

高額査定になるLONE ONESの人気アイテムはこれ

次から次へ発表されるアイテムを追い求めていると、最初に買ったものは身に着けることを忘れている場合もあります。

他にも「別のモチーフでそろえたくなった」「高額なら買い取ってもらいたい」そんな人のために、高額査定をつけてもらえるアイテムをご紹介しましょう。

定番のベルモチーフは安定した高額査定になる

LONE ONESと言えばクレーンベルやシルクベル、ドーヴベルやティアベルなど、ベルをモチーフにした多くのアイテムで知られています。

その中でも特に「鶴」をモチーフとしたクレーンベルと、「涙の音」というテーマが表現されているティアベルは、男女問わず人気の高いデザインになります。

未使用のクレーンベルの場合、22万の査定がつけられたこともあるため、管理している状態が良ければ高額買取も夢ではありません。未使用品の定義として「1度も身に着けていない」という厳密な状況を求められるわけではなく、2回~3回程度しか使っていない場合は未使用に含めてもらえます。

K18、シルバーなどの素材によって査定額も異なってきます。 K18であればさらに高値で買い取ってもらえる可能性もあるでしょう。

ブレスレッドやウォレットチェーンなら5万円~8万円が相場

ウォレットチェーンの重量や状態にもよりますが、保証書や領収書などが用意できている段階で、薄い黒ずみやキズ程度なら最大20万円で買い取られるケースもあります。ブレスレッドであれば5万円~8万円が相場の価格で、クロムハーツを取り扱っているお店なら、LONE ONESの価値を最大限に評価してもらえるでしょう。

需要が高いソウルメイトリング

花がモチーフとなっているソウルメイトリングは、デザイナーが奥様へ贈られた結婚指輪を元にしています。そのためクリスマスや誕生日などのプレゼントとして購入した人も多いのですが、サイズ違いで身に着けなかったという声も聞きます。「魂の伴侶」という意味を持つソウルメイトは、LONE ONESの指輪の中でもダントツで人気が高いため、高額の査定になることは間違いありません。

芸能人が愛用しているLONE ONESだと高額査定をより狙える

メイティングフライトコレクション

鳥がモチーフとなっているメイティングフライトは、木村拓也さんがサントリーのウィスキーのCM中で使用され、そのカッコ良さから一躍注目を浴びました。細部までこだわり抜いたデザインの彫刻は、LONE ONESアイテムの王道として今でも多くの人に愛されています。映像自体はモノトーンで表現されているため光沢の伝わりにくさもありますが、それでも手首に身に着けているブレスレッドに魅了された人も多いでしょう。

スプレッドイーグルペンダント

L’Arc~en~Cielのボーカルhideさんは、スプレッドイーグルペンダントを愛用しています。LONE ONESの中でも初めてクロスモチーフを採用したアイテムで、通販では在庫なしや入荷待ち状態になっているお店もあります。

翼を広げる鷲がクロスの中に表現されていて、MサイズもしくはLサイズのものは、買取業者の店頭に並べられるとすぐに売り切れてしまうとも言われています。

胸元にLONE ONESの存在感を演出できるスプレッドイーグルペンダントは、ブラックスピネルを使ったネックレスにセットすることもできるし、革紐と合わせればよりクールさを引き出せます。

最も高くクロムハーツを買取ってくれる店を探せ!