最も高くクロムハーツを買取ってくれる店を探せ!
HOME » クロムハーツを売る際に気を付けたいポイント » 【番外】コピー商品の見分け方

【番外】コピー商品の見分け方

クロムハーツのコピー商品を見分ける際のチェックポイントについて紹介しています。

本物のクロムハーツはこうなっている!コピーの見分け方

人気商品の宿命なのか、ほかの有名ブランドと同様にクロムハーツも大量の偽物が出回っています。しかも最近は完成度が非常に高くなってきており、そのアイテムが本物なのかコピーなのか、プロでも見分けがつかない物も出てきているそうです。

ただし多くの偽物はそこまでのクオリティではないので、クロムハーツアイテムの特徴を理解しておくことで、プロでは無くてもコピー商品を見分けることが可能です。

年代でコピーを見分ける方法

クロムハーツは製造された年代によって、大きく3つのタイプに分けられることをご存知でしょうか?具体的には1989年~1993年に製造されたものを第1期、1994年~1999年製のものを第2期、そして2000年以降に作られたものを第3期と分類されます。

第1期に製造されたものは、クロムハーツのアイテムがまだ大量生産される前のものなので、この時期のアイテムはコピー商品がそれほど多くありません。ですので、偽物に出会う確率は低いでしょう。一方、アジアの工場で大量生産されるようになった第2期以降は流通しているアイテムが増え、その分コピーも多く出回っています。

これらを見分けるためには、各種アイテムで使われている共通パーツの特徴を知ることが大切です。

刻印でコピーを見分ける方法

最も一般的なクロムハーツのコピーの見分け方として、ポイントになるのが「刻印」です。クロムハーツのシルバーアクセサリーには必ず、製造年を始めとした刻印が刻まれているのですが、刻印の深さが均一のアイテムは要注意。というのも、本物のクロムハーツであれば職人一人ひとりの手作業によるものなので、均一の深さというのは考えにくく機械によって刻まれた可能性が高いのです。

また製造年を示す数字についても、1990年代前半のものは「1」を上下が逆さに彫られているものがあり、刻印を確認することで、多くのコピーアイテムを排除できるのです。

もし購入したクロムハーツがコピーであることがわかった場合、お店で買ったのならすぐにそのお店に、オークションで買ったのならすぐに取引相手に連絡するようにしましょう。ただし、ネットなどで語られている体験談を読んでも、返金される保証はなく、むしろ泣き寝入りしているケースが多いようですので、やはり本物を見分ける「目」を育てるべきでしょう。

冒頭でも述べたとおり、クロムハーツの本物とコピーを見分けるのはプロでも簡単ではありません。であればこそ、本物しか取り扱っていない信頼できるお店で買うのが、いちばんの対処法だとも言えます。

最も高くクロムハーツを買取ってくれる店を探せ!